自宅サロンや教室を始める際のリフォームについて

自宅でサロンや教室を始める際には、サロンのお客様や教室の生徒さん、また近隣住民の方に迷惑や心配をかけないようなリフォームが必要となってきます。



では具体的に、そのようなタイミングでやっておくべきリフォームにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、自宅をネイルサロンやアロマテラピー、マッサージなど美容関係のサロンにしたいと考えている場合、サロン部分には居住部分の生活観を感じさせないようなラグジュアリーな趣きが漂うようにリフォームする必要があるでしょう。



例えば広いお部屋を使うなら間仕切りを加えてサロンとして個別に使えるスペースを確保したり、お客様が利用する可能性の高い洗面コーナーまでは居住部をお見せすることなく誘導できるような環境であるとなお良いため、お宅全体の導線を見直す必要もあるかもしれません。

複数のお客様を同時に接客する場合には、それぞれの目線にも配慮した環境作りが必要です。



リフォームにてちょっとした間仕切りや扉を設けることはとても簡単なので、数日の作業で完了します。その他にも、エントランスから直接サロンに入れるような自宅内の導線改造の場合も、プランから作業完了まで数週間でOKという場合もあります。また、ピアノやバイオリンなど楽器を使った教室を始める場合には、近隣住民の方に配慮した防音スペースの確保が不可欠となります。リフォーム作業では、部屋一室を丸ごと防音システムとすることもできるので、マンションなど上下・左右のお宅と距離が近い場合にも安心して教室を開く事ができます。


Copyright (C) 自宅サロンや教室を始める際のリフォームについて All Rights Reserved.